【8月24日(土)】第9回ブクラボ哲学カフェ「~悪と全体主義~」

ブクラボ哲学カフェが始動してから半年が立ちました。

参加者から「普段漠然と悩んだり考えていることをうまく吐き出せる場所がない。

職場や仲のいい友人に話をすると変人だと思われるけど、ブクラボ哲学カフェは同じ問題意識を持った人とフラットに語り合えるから楽しい」とお伺いする機会が多くなりました。

今後も、普段考えてることを意見交換できる場所を作っていきたいと思いますので、ご希望のテーマがありましたら気軽にメッセージをお願いいたします。

ブクラボ哲学カフェとは?

「ブクラボ哲学カフェ」は、ある1つのテーマについて深く考え、自分と向き合う「対話の場」です。

身近な問題について話し合い、対話を通じて自分の考えを見つめ直すことが目的ですので、

「今まで哲学を勉強したことがない」
「難しい意見を言える自信がない」
と言った方でも安心してご参加頂けます。

参加人数は10人程度の少人数制です。
大人数の場が苦手な方もじっくりとお話しすることが出来ます。

参加者の年齢層は大学生から60代まで幅広い年代の方にご参加頂いております。

1つの本を題材に行いますが、事前に読まなくても参加可能です。

今回の内容

題材となる本

「悪と全体主義 ハンナアーレントから考える」

※ハンナアーレントの主張を完結にまとめてありますので、初学者でもわかりやすく勉強できます。

今回のテーマ

今回は、「全体主義」をテーマにします。現在、アメリカやヨーロッパ各国で排外主義的思潮が席巻する中、我々はどう向き合っていけばよいのかを考える機会にしたいと思います。

ナチスによるユダヤ人大量虐殺が生じた原因について考察したハンナアーレント著『全体主義の起源』を参考に、全体主義を起こさないためにどうすればよいかについて考えます。

MEMO
ストーリーや背景についてまとめたレジュメを用意し、最初に説明を行うため、本を読んでいなくても参加できます。

【こんな方におすすめ】
・社会問題に関心のある方

・難しそうな哲学の初めの一歩を踏み出してみたい方

・将来の社会に対する漠然とした危機感をお持ちの方

・日常生活から少し距離を置いて社会を見つめなおしてみたい方

タイムスケジュール

◆18:00~18:10
趣旨の説明、本の内容紹介
※読んでいない方向けにレジュメに沿って解説します。

◆18:10~18:20
参加者自己紹介

◆18:20~18:40
ワークショップ①
なぜ排除される人が出でくるのか(課題本第1章より)

◆18:40~19:00
ワークショップ②
人種とは何か(課題本第2章より)

◆19:00~19:20
ワークショップ③
大衆はなぜだまされやすいのか(課題本第3章より)

◆19:20~19:50
ワークショップ④
全体主義の起源は?現代でも起こりうるか?防ぐためには?

◆19:50~20:00
感想シェア、会費の支払い ※任意で博多駅周辺で食事会

開催概要

日程8月24日(土)
18時00分~20時00分
参加費1,000円(※飲食代別)
定員8名迄
開催場所丸福珈琲店 博多阪急店(HP)
持ち物筆記用具・メモ帳など
※課題本はなくても大丈夫です。

当日してはいけないこと

してはいけないこと
●人の意見を頭ごなしに批判する・決めつける行為
●人の話を遮って自分の話ばかりする行為
●高圧的な態度
●本会における宗教・ネットワークビジネス等の勧誘、又は執拗な営業行為
●当日の無断キャンセル
※キャンセルの方は前日までにご連絡をお願いします。

参加者全員が安心し居心地の対話の場に出来るよう、上記の注意事をお守り下さい。

主催者

名前:村上さん(あだ名は先生)

福岡市内の企業に勤める25歳の社会人。
読書会に参加する中で哲学に興味を持つようになる。
愛読書はハンナアーレントの『人間の条件』。

申込み方法

①LINEをされている方

「ブクラボ」の公式LINEアカウントから申込みをお願いします。
下記の「LINEで申し込む」をクリック
⇒「○月○日の哲学カフェに参加します!」と一言メッセージをお送り下さい。

LINEで申し込む

ID:「@brp7468z」でも検索可能です。

②LINEをされていない方

下記フォーマットを入力し「予約する」ボタンをクリック下さい。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号(必須)

性別

年代

こちらに参加する【イベント名】【日程】をご記入下さい。

入力内容を確認しました