【2019年上半期】 読んだ本とその感想

皆さんこんにちは^^
ブクラボ代表のオオニワです!

2019年も半分が過ぎようとしていますね。
今回は、今年の上半期に読んだ本の感想をサラっと書いていきたいと思います。

最近の読書会ではあまり自分の話をする機会がなかったので、ここで一挙に紹介します。笑

今年は不屈の名作から本屋大賞、海外の童話まで幅広く読んだ気がします。
読書会での皆さんの紹介を通じて知り、読んだ本も結構ありますね。

次に読む本を探している方の、次の1冊が見つかるきっかけになれば嬉しいです。

◆対象期間:2019年1月1日~6月20日

◆読んだ本の数:36冊

特に面白いと思った本には☆マークを付けています☆

目次

『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午

映像では表現できない、活字ならではのトリック。

これまでのどんでん返しを期待すると、思わぬところからボールが飛んでくる。

ストーリーも飽きずに読めます。

☆『国境の南、太陽の西』 村上春樹

1Q84にはハマらなかったが、この作品は本当に面白かった。

著者の作品の面白さにようやく気付けた、出会いの1冊。

読書会内で読んだ方2人とは、全く正反対の意見でした。

『オンラインサロンの作り方』 中里桃子

コミュニティ作りの勉強をしたく、ネットで見つけて購入。

著者の実体験をベースに書かれたコミュニティ運営術。

人を巻き込む仕組みについては新しい発見があった。

☆『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』 松尾茂起

600ページ越えの技術書でありながら、マンガ仕立てになっていてサラッと読める。

ライティング技術・SEOの知識をストレスなく身に付けられる。

表紙のグラサンは幽遊白書の戸愚呂兄ではない。

『読書する人だけがたどり着ける場所』 斎藤孝

読書のメリットを分かりやすく説明してくれている1冊。

本を読むことの意味を再認識したい人にはピッタリ。

『福岡市を経営する』 高島宗一郎

福岡市民なら知っておいて損はない、福岡市高島市長の初著書。

発展のために最初に仕掛けたグローバル戦略が面白い。

『スマドロ』 悠木シュン

読書会にも参加頂いたことのある、(我等が)悠木先生デビュー作。

これだけの小説を0から考えて書けることがホント凄い。

一章ごとに増えていく人間関係の相関図に救われる。

『凍りのくじら』 辻村深月

辻村深月入門編ということで読む。

ドラえもんの秘密道具が全編通じて登場する。

個人的にはあの男をどうにかして欲しかったな。

『大人の語彙力』 斎藤孝

教養のある人格は、語彙力の形成から始まる。

言葉のレパートリーが欲しい方向け。

教養を感じられる文章を、私も書きたい。

☆『FACTFULUNESS』 ハンス・ロスリング他

賢い人ほど陥る10の思い込みを知り、世界を正しく知るための方法について書かれている。

ボリュームたっぷりだが飽きずに読める。

『かがみの孤城』 辻村深月