ブクラボ哲学カフェ

ブクラボ哲学カフェとは?

「ブクラボ哲学カフェ」は、ある1つのテーマについて深く考え、考えること・自分と向き合うことを楽しむ福岡の「対話の場」です。

哲学カフェと聞くと何だか難しそうなものをイメージしますが、哲学や対話の専門知識などは一切必要ありません。

身近な問題について話し合い、対話を通じて新たな考えを知ること目的ですので、

「今まで哲学を勉強したことがない」
「難しい意見を言える自信がない」

と言った方でも安心してご参加頂けます。

また、この哲学カフェの参加人数は、最大10人迄の少人数制です。

大人数の場が苦手な方もじっくりとお話しすることが出来ます。

psycology-cafe

参加者の年齢層は大学生から60代まで、幅広い年代の方が参加します。

普段関わることのない年齢・職種の方との対話から、考えることの楽しさを見つける場所となっております。

また、福岡でこれまで計100回以上・累計参加者1,000人以上のイベント開催実績を持つコミュニティが運営しておりますので、初参加の方も安心してご参加下さい✨

LINEで申し込む

こんな方へおすすめ

  • 哲学に興味あるけど、何から始めていいかわからない人
  • 日常の色々な想いや考えを参加者と(楽しく)議論したい人
  • 話すのが好きな知り合いを福岡で増やしたい人
  • 議論を通じ自分の考えをより深めたい人
  • 腹を割って話せる場所を求めている人
  • 他の参加者と自分の意見を比較したい人

哲学カフェ参加者の特徴

psycology-cafe2

  • 平均年齢:20代後半(大学生から60代の方まで)
  • 性別:男性5割/女性5割(会によってバラバラ)
  • 1回の参加人数:6〜10人
  • 参加者の出身地:福岡を始めとする九州にお住まいの方々
    (遠方から来られる方も1割ほどいらっしゃいます。)
  • 参加動機や目的:身近なテーマについて真剣に(&楽しく)議論したい/本音で話せる場所が欲しい/知り合い・友人作り
  • 初参加の方の割合:30〜50%

どうして今哲学カフェなのか?

psycology-cafe3

「日々のもやもやが解消される」
「日常生活では得られない様々な考えを聞ける心地よさがある」

こうした理由から、哲学カフェはここ数年でじわじわとブームになっており、主催団体数は5年で4倍の400団体に増えました。

福岡でもいくつかの団体が運営されており、本哲学カフェは2019年2月よりスタートしました。

MEMO
哲学的な思考方法は世の中になかった新規事業を生み出す際に役立つと言われており、思考力を磨く力も身につきます。

哲学カフェ開催概要

開催予定の企画

第17回目 3月21日(土)
「テーマ:承認欲求」

phycology【3月21日(土)】第17回ブクラボ哲学カフェ「承認欲求」

当日の主催者

ブクラボ哲学カフェ主催者
名前:村上さん
あだ名は先生。

福岡市内の企業に勤める25歳の社会人。
読書会に参加する中で哲学に興味を持つようになる。愛読書はハンナアーレントの『人間の条件』。

禁止事項

してはいけないこと
●人の意見を頭ごなしに批判する・決めつける行為
●人の話を遮って自分の話ばかりする行為
●高圧的な態度
●本会における宗教・ネットワークビジネス等の勧誘、又は執拗な営業行為
●当日の無断キャンセル
●キャンセルの方は前日までにご連絡をお願いします。
勧誘行為について
過去に一度、参加者への迷惑行為となる勧誘行為がありました。
そのような行為が発覚した場合は厳しく取り締まる事になりますので、決してないようにお願い致します。

参加者全員が安心し居心地の場所に出来るよう、上記の注意事をお守り下さい。

よくあるご質問

ブクラボ哲学カフェについて、よくあるご質問をまとめました。

そもそも「哲学カフェ」ってなんですか?

1つのテーマについてとことん追求し、考える事を楽しむ福岡の対話の場です。
現在、主催団体数は全国で400団体あると言われ、福岡でもいくつかの団体が存在します。


哲学に全く触れたことがなくても参加できますか?

もちろん大丈夫です。
考えることが好きな方であればどなたでもご参加いただけます。


哲学カフェにはどんな人が参加していますか?

色んな人と議論したり、意見を聞くことが好きな方が多いです。
福岡にお住いの方が多いですが、他県からわざわざ足を運んでくださる方もいらっしゃいます。


参加資格などはありますか?

特にございません。強いて言うなら1冊の本をもとに議題を決めておりますので、事前にその本を読んで来て頂くと、より理解が深まるかと思います。


どのような経緯で始められたのでしょうか。元々は読書会のコミュニティでしたが、そこからなぜ哲学カフェが派生したのでしょうか。

読書会は参加者が好きな本を持ち寄って紹介し合うイベントでしたが、もっと一つの本で広く深く考えてみたいという声をいただき、開催に至りました。


「哲学カフェ」を始められた理由や目的は何だったのでしょうか。

ある特定のテーマについて、深く広く話し合って、少しでも参加者の見識や理解を広げられたらという思いで始めました。本の著者のお力を借りながら日頃思っている素朴な疑問をみんなで共有できる場所を目指しています。


哲学カフェを進行したり運営される上で参考にしたものは何でしょうか。

参加者からの声です。参加される方が気持ちよく対話に参加できるよう、参加者の要望を伺うようにしています。
本をじっくり読めなかったけど参加したい、自分から発言はあまりしないで聞く専門として参加したい等、細かい要望を少しずつ反映できるよう日々工夫しています。


運営されるうえで大切にしていること・価値観は何でしょうか。

「読む」時間を作ることです。ブクラボ哲学カフェは本が好きな方がよく参加されます。課題本である著書の言葉を大切にしたいという思いから、文章の一部をその場で黙読して思考を深める時間を必ず設けています。


哲学カフェの選書とテーマの決め方に何か特徴がありますでしょうか。

読書会や哲学カフェの参加者からのリクエストにお応えする形でテーマを決めたり選書することが多いです。
読書会に来られる方がお持ちの素朴な疑問は他の参加者にも当てはまることが多々あり、話が盛り上がることが
あります。その話の盛り上がりから次回のテーマを設定することが多いです。課題本もヘビーな哲学書からライトな新書まで様々。テーマもファシズムから働き方改革まで幅広く取り扱っています。参加者には自分の気になった会に顔を出してくださると嬉しいです。


他の福岡の哲学カフェとの違いは何でしょうか?

初参加の方とよく来てくださる方のバランスが良いことです。本好きが多く、温かい雰囲気で会が進行します。
著者の言葉に触れる時間があることが他の哲学カフェとは違うところかもしれません。
当初は、読書会が物足りなくなり深く話したいという参加者が多かったですが、今では、読書会に来たことがなく、初参加が哲学カフェという方も増えてきました。参加者の層が広がったことが非常に嬉しいです。


この哲学カフェの現状と今後の予定はどのようなものでしょうか。

参加者も6名〜8名で安定して開催できています。今後は映画をその場で鑑賞してから対話をする会や本の著者をお呼びして対話をする会など様々な哲学カフェを企画していきたいと考えています。


 

これまでの開催実績

過去の開催レポート

本哲学カフェの雰囲気を知りたい方は、下記リンクから過去の開催レポートをご覧ください✨

哲学カフェメディア掲載実績

福岡の大濠新聞「NEXUS」vol.200に取り上げて頂きました(2019/4)

お申込み方法

①LINEで申し込む

「ブクラボ」の公式LINEアカウントから申込みをお願いします。
下記の「LINEで申し込む」をクリック
○月○日の哲学カフェに参加します!
一言メッセージをお送り下さい。

LINEで申し込む

ID:「@bukurabo」でも検索可能です。

MEMO
アカウントにご登録頂くと、イベント開催情報を週に1回ペースでお届けします。

②HPから申し込む

下記フォーマットを入力し「予約する」ボタンをクリック下さい。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号(必須)

性別

年代

こちらに参加する【イベント名】【日程】をご記入下さい。

入力内容を確認しました