自宅で参加可能|オンライン読書会開催中!

特別定額給付金のキレイな使い道

皆さん、お元気でしょうか?

そろそろ気温も暑くなってきて、台湾のフワッフワかき氷が食べたいこの頃です。

昨日のオンライン読書会で、過去の自分のブログを読んでくれている方がいる事実を知りモチベが少し上がってるので、最近のあれこれをつらつらと書いております。

さて、今話題の「特別定額給付金」皆さんもう申請しましたか?

ニュースを見ていると「お知らせが届かない」「オンライン申請に不備がある」などの事情で振り込み日が人によってまちまちみたいです。

「そういうお前はどないやねん」と言うと、先週くらいに振り込まれていました。

いつどこでどのように作ったか全く記憶にございませんのマイナンバーカードが財布の奥底に埋もれていたので、それを引っ張り出してオンラインで申請しました。

するとその10日後(?)くらいに「フクオカシトクベツテイガク」様から、10万円口座に入金がありました。

「うぇーいラッキー♪」と思っていたその矢先、入院することになりました。

病気は「盲腸」。正式な名称は「急性虫垂炎」と言うらしいです。


27日の夜急にお腹が痛くなり、人生で初めて110番しました。

その間ほとんど動くことができず、これまで一番綺麗な「蹲り(うずくまり)」を行いました。

5分ほどで到着した初めての救急車にイン。

私は普段からお腹が弱く、トイレが人生の最重要取引であることは重々承知しているのですが、まさかこんな辛い腹痛があるなんて・・。

ということで担ぎ込まれた当日入院、当日手術を受けました。

全く記憶にございませんのオペタイムでしたが、麻酔が入る直前に先生に首根っこ抑えられていたことだけは覚えています(麻酔を通すため?)

あ、手術は無事成功しました。

その間オンライン読書会に参加予定だった方はご迷惑をおかけしてすみませんでした。

また来週からボチボチと開催していきますね。


一番辛いのは手術直後でした。

自分で立てない・お腹痛い・トイレにも行けない・・。

気持ちも沈みがちで、とにかく体が松岡修造を欲していました。

ただ、病院のご飯はでら旨いでした。

体調は日に日に良くなり、6月1日には退院できそうです。

ちなみに盲腸の原因は、日頃の習慣や食生活の乱れなど色々要因があるそうですが、明確な原因は解明されていないそうです。

看護師さんは「若くて体力のある内にかかっておいてむしろ良かったですね」とスーパーポジティブでした。

という事でラッキーウェイウェイな特別定額給付金は手術代で腫瘍とともに綺麗になくなりましたが、6月以降もたぬきちばりにポジティブに生きていきます☆

また皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!