【12月13日(金)】ABD読書会開催します!

第42回 読書会レポートー『推理小説作家に来て頂きました』ー

第42回目は7名での開催となりました。

鳥栖や八女、長崎など遠方から来てくれる参加者がたくさんいらっしゃいました。
やっぱり他県には読書会があまりないみたいですね~。

そして今日は現役作家、悠木シュンさんに来て頂きました(^^)/
双葉社主催の小説推理新人賞という文学賞に受賞された方で、貴重なお話しをたくさん聞くことが出来ました。

そして何よりも思ったこと。
何よりも思ったこと。
めちゃ美人やないか。

今日ご紹介頂いた本↓

ニムロッド/上田 岳弘

それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。新時代の仮想通貨(ビットコイン)小説!第160回芥川賞受賞!

仮想通貨小説?
イヤなんだよそれと、10年前なら突っ込んでいた。
そして10年後もそう思うかも知れない。
今が旬のホットワードを取り入れた小説は、今だからこそより楽しさを味わえそうです。

MEMO
群像2018年12月号でご紹介頂きました

読書する人だけがたどり着ける場所/齋藤 孝

本を読むことでしか学べないことは、確実にあります。
文学・読書の大家である齋藤先生が、今の時代だからこそ勧める「読書する理由」と、「人生と知性に深みをつくる読書」の仕方を紹介します。

私が読んだ本です。
どちらかと言うと普段あまり本を読まない人が、読書のエンジンをかけられる内容という印象でした。

「深い人」と「浅い人」の違いについて書かれています。
表面的な部分にとらわれた浅い人ではなく物事の本質を見抜く深い人になるには、読書ほど適したものはないと述べております。

深みがある人になりたいなぁ~、という少々浅い考え。

世にも奇妙な君物語/朝井 リョウ

絶対に結末を言わないでください。ドラマ「世にも奇妙な物語」を愛する著者が贈る、薄気味悪くて小気味いい、絶品エンタメ5編。

朝井リョウさん独特のエグみがいっぱい味わえそう
5編の短編になってる分、1回鈍器で殴られるというより5回の肩パンかな。

世にも奇妙な物語かー。
恐いイメージがあってちょっと苦手なんで、手を出す前に恐いもの耐性が欲しい笑。

孟嘗君と戦国時代/宮城谷 昌光

古代中国の大国・斉に生まれた孟嘗君は、秦から脱出するさい食客たちによって助けられた「鶏鳴狗盗」の故事で名高い。多様な力が国と人を動かす混乱の戦国時代にあって、かれは諸国を縦横無尽に歩き、貴賎と交わり、知恵と誠実をもって燦然と輝く存在だった。逆境にあって悲観せず、むしろ自らの糧として理想の実現に邁進した孟嘗君の生涯を、作家の目で読み解く。

戦国時代のお話し。
この時代に精通したもの同士で話すとめちゃくちゃ盛り上がるんだろうな~と、どこか遠い目で見てしまう自分がいる。

逆境を自分の糧に出来たそのマインドを、主人公がどうやって保てたのかが気になりました。

負け犬の遠吠え/酒井 順子

嫁がず、産まず、この齢に。負け犬、今なお増殖中! 日本を揺るがしたベストセラーが文庫に! どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです! 鋭い分析と、ユーモア溢れる文章で、同世代の本音を描き出した超ベストセラー。

少しネガティブな言葉も、ユーモアを交えることで人に寄り添うことができる。
毒っぽくない毒。そんな切り口が好きです。

同じ著者で「29歳と30歳のあいだには/新潮文庫」という本も紹介頂き、こちらは更に女性分析を狭く深くしたお話しのようです。
男バージョンも欲しいな~。

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇/高田 郁

江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。

こちらは江戸時代。
武将ではなくどちらかと言うと当時の庶民的なお話しのようです。

江戸時代って、200年以上も続いたんですね。
そう思うと時代が変わる瞬間に立ち会えるのは、すごい貴重な経験な気がしてきた。


スマート泥棒/悠木 シュン

ひとりの女性のモノローグから物語は始まる。登場人物が繋がっていく複雑な人間関係。一章ごとに増えていく相関図!一度読んだらもう一度読みたくなる、パズルのような群像劇!!第35回小説推理新人賞受賞作。

この本の作家、悠木シュンさんに来て頂きました。
1つのストーリーの構成を練り、本にできるのはホントに凄い。

内容としては爽やかのほほん系というより、割とダークでドロドロ。
本を読んでからああでもないこうでもないと感想を言いたい。

「なんで結末はこうしたんですか?」
「あの局面での主人公が行動の意図は?」
とか。
ああ言いたい。笑


帰り際参加者の方にこう言われました。

「大庭さんちゃんと寝てますか?」
「色々されてて寝てないんじゃないですか?」

ご安心ください。
アホほど寝てますw

寝る時間を増やすためにも、メリハリのある生活をしていきたいですね!

次回の読書会は2月16日(土)です🎵
今回は志免町のTSUTAYAさんとコラボして実施します♪

まだ募集中ですので、お時間ある方は是非ご参加ください(^^)