【12月13日(金)】ABD読書会開催します!

【第1回】TSUTAYA×ブクラボ 読書会 開催レポート(2/16)

皆さんこんにちは!
ブクラボの大庭です(^^)/

今回は福岡県糟屋郡にある「TSUTAYA BOOK GARAGE 福岡志免店」さんとコラボして読書会を開催しました!
バスや原付で来られた方もあわせて、参加人数は6名で開催となりました。

まずはTSUTAYAさん、場所をお貸し頂いてありがとうございます。

店頭やSNSでの告知もご協力いただき、無事1回目が開催できて何よりです(^^)

読書会が終わった後そのまま気になった本を買うことが出来るので、一石二鳥ですね📚

今回は「春に読みたい本」をテーマにしました🌸

今日ご紹介頂いた本↓

あられもない祈り/島本 理生

〈あなた〉と〈私〉……名前すら必要としない2人の、密室のような恋——幼い頃から自分を大事にできなかった主人公が、恋を通して知った生きるための欲望。西加奈子さん絶賛他話題騒然、至上の恋愛小説。

ナラタージュの著者。
私とあなた。
名前が明かされない2人の物語は、透き通るような白さを残したまま進んでいきます。

ハッピーでもない、ドロドロでもない。
女性特有の感性が磨かれた、大人の恋愛小説です。
あられ?何?お菓子?そう思った僕は、子供です。

独立記念日/原田 マハ

恋愛や結婚、進路やキャリア、挫折や別れ、病気や大切な人の喪失…。さまざまな年代の女性たちが、それぞれに迷いや悩みを抱えながらも、誰かと出会うことで、何かを見つけることで、今までは「すべて」だと思っていた世界から、自分の殻を破り、人生の再スタートを切る。寄り道したり、つまずいたりしながらも、独立していく女性たちの姿を鮮やかに描いた、24の心温まる短篇集。

てっきりアメリカを舞台にした物語なのかと思ってた。

この本で言う独立記念日とは、人生の中でターニングポイントとなる「就職」や「別れ」を広い意味で独立と呼んでおり、それが24個の短編集になったのがこの本です。

原田マハさんってホント引き出しが広いな~
引き出しのたくさんある人間になりたい。

本日は、お日柄もよく/原田 マハ

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

引き続き原田マハさん。
この本で一躍有名になったんじゃないかな。

スピーチライターを舞台にした、言葉の力を感じさせてくれる小説です。
読むとスピーチをしたくなってウズウズします笑

ドラマにもなっているけど、そっちはどうなんだろ?

毎日読みたい365日の広告コピー/WRITES PUBLISHING

【朝日新聞経済気象台にて紹介されました】 有名企業が一流クリエーターに依頼して作った上質なコピー作品集だから、面白くないわけがない。/素晴らしい言葉に触れることによってインスピレーションがわく。一つのコピーから、頭の中で映画をつくったり、事業を考えたり、空想の企画を楽しんでいる/言葉に力があるから想像力がかき立てられるのだと思う(3月16日朝刊より)

本自体が1つの広告でもありオシャレ。
誕生日占いのように、自分の生年月日に合った広告(キャッチコピー)を1つ教えてくれます。

紹介してくれたので素敵だなと思ったのはこれ。

「勉強の一番の成果は、もっと勉強したくなることだ」
これ考えたの誰だよ。チョコあげる。

幸福な食卓/瀬尾 まいこ

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。

爽やかなんだな~。あ~爽やか。
家族のささやかな日常を描く瀬尾セオリーに、まさかの展開が訪れる。

恋人とのキスのくだりがこの小説の象徴で、名言なんだな。

2006年映画化しておりますが、私の好きな映画3本の指に入ります。
ミスチル好きは映画もおススメ。

渡りの足跡/梨木 香歩

この鳥たちが話してくれたら、それはきっと人間に負けないくらいの冒険譚になるに違いない―。一万キロを無着陸で飛び続けることもある、壮大なスケールの「渡り」。案内人に導かれ、命がけで旅立つ鳥たちの足跡を訪ねて、知床、諏訪湖、カムチャッカへ。ひとつの生命体の、その意志の向こうにあるものとは何か。創作の根源にあるテーマを浮き彫りにする、奇跡を見つめた旅の記録。

「ネイチャー・ライティング」(自然環境をめぐるノンフィクション文学)
という初めてのジャンルを紹介してくれました。

鳥のお話し。
1日1万キロを飛ぶ鳥の、ロマンティックな側面を知ることが出来ます。


次回の読書会は2月20日(水)です🎵
平日なので20時から開催となります。
あと2名だけ募集中ですので、お時間ある方は是非ご参加ください(^^)