第70回 読書会レポートー『テーマ:食にまつわる本の会』ー

第70回目の読書会は、テーマ「食」で開催しました📚

初主催なのに、自分の趣味に偏ったテーマを設けてしまうという図々しいことを試みましたが、20代30代、合わせて7名の方(うち初参加4名)が集まって下さいました。

きっと料理好きとか健康志向の女性が集まって、みんなで女子力アップトークが行われる・・・という想定は見事に外れ、参加者7名中なんと6名が男性でした(笑)

市外から参加された方、中には山口から広島へ帰省するついで(?)に参加してくださったという方も!

遠くからありがとうございました。

今回の内容

さて、私自身は「福岡一の健康オタク(自称)」のため、食といえば「健康」なのですが、みなさんが紹介してくれた「食に関する本」はバラエティー豊か。

食=政治、抑圧、おおげさ、渇望、無人島、生と死、恋愛、愛情、虫・・・むし??

特に印象に残っているのは、参加者の紅一点、20代の女性が紹介してくださった山田詠美の短編集「風味絶佳」のなかの「夕餉」。

この本に描かれているような「自分の愛する方のために、料理を作ってあげるという幸せ」を自分も体験したい♪

と、周りが男性ばかりで照れくさいといいながらもシェアしてくださいました。

お姉さんはその発表する姿にキュンキュンしたぞ!

ごちそうさまでした♪

機会があったら、次はテーマ「健康」にしたいなぁ・・・

今回紹介していただいた本

・『チョコレート・アンダーグラウンド』アレックス・シアラー
・『めしにしましょう』小林銅蟲
・『東京島』桐野夏生
・『人生最期の食事』デルテ・シッパー
・『おいしいベランダ』竹岡葉月
・『風味絶佳』山田詠美
・『奇食珍食』小泉武夫


ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました✨

次回以降の予定は下記になります!

参加希望の方はスケジュールをご覧頂きお申し込みをお願いします😊

博多で読書会 福岡で最も敷居の低い読書会