第92回 読書会レポート『見えないけれど確かにある力 読書好きは引かれ合う!?』

主催は3回目。
ここまでくると主催にも慣れるのかと思いきや、今回も一週間前から「うまくやれるだろうか…」心臓がドキドキしていました。

でも、毎回参加者の皆さんと顔を合わせると不安感が吹き飛びます。

今回の読書会の内容

本日は初参加の方1名を含む3名の方に参加いただきました。
私を入れると4名という少人数でしたが、その分皆さんには濃く!とーっても濃く話してもらいました。

話が弾みすぎてスタートが少し遅れたりしながらも時間いっぱい、大いに語り合いました!

紹介して頂いた本

 

 

『友だち幻想 人と人の(つながり)を考える』/ 菅野仁

 

昨今いじめのニュースが世間を騒がせていますよね。
生徒だけでなく、教師同士のいじめなど信じられない事件も起きています。

友達って何?「みんな仲良く」は「呪い」ではないのか?
人間関係がもたらす闇の部分について考えさせられました。

『科学的 潜在意識の書きかえ方』/ 小森圭太

 

引き寄せの法則ってスピリチュアル?
実は引き寄せの法則は科学で解明できるようです。

潜在意識を量子論や脳科学の視点から説明した本。
脳が持つ可能性に圧倒されました!

『平成 萬年暦』/ 福田有典

 

四柱推命の鑑定に必携の本らしいです。
なかなか取り扱いが無く、入手までに苦労したそう。

参加者全員の基本的な性質を生年月日から確認していただきました。
確かに当てはまる事が多い!とドキッとさせられました。
凄く奥深い!

『植物はなぜ薬を作るのか』/ 斉藤和季

 

私が紹介した本です。
植物が作りだす物質について、科学的な目線で分かりやすく解説してくれます。

人間って植物に生かされているんだなあと謙虚な気持ちになれます。

まとめ

 

人の気持ちや脳の可能性、植物の生命力、生まれ持った運命の流れなど、目にはなかなか見えない「力」の話で盛り上がりました。

それにしても初対面のはずなのに、皆さん興味関心のある分野が似ていたりこれが引き寄せの力なのか!?

現代社会に生きる人は目の前に見える物にばかり気を取られ本当に大切なことを見失っているのかもしれません。
自分自身も己の価値観を見直す良い機会となりました!


今後の博多で読書会の開催予定は下記になります!

ご参加を希望の方はスケジュールをご覧頂きお申し込みをお願いします😊

博多で読書会 福岡で最も敷居の低い読書会博多で読書会 福岡で最も敷居の低い読書会